2011年10月16日

音楽の学校

昨年春から半年間やっていた
坂本龍一さんのSchola〜音楽の学校〜
第2期がはじまっていたようです。
10月から。
うおー第一回見逃した(T_T)
第1シリーズは
バッハ、Jazz、ドラムとベースなど、
ざっくりと様々なジャンルのお話で
個人的には山下洋輔さんと2台ピアノセッションやったりなんかして
嬉しかったのですが。

今月4回はクラシック「古典派」という切り口でして。
ハイドンやモーツァルト、からソナタ形式を学ぶという。
(しかーも!私の大好きな<タブラトゥーラ> のフィドル奏者、
 田崎さん出てるやないの〜〜!)

実に面白いです〜。
音大並のマニアックさ
私はピアノ科だったので、演奏する技術Upがメインというか。
作曲家の歴史と楽曲分析もほどほどに・・・
全体の概要程度の講義で、
作曲の技法だとか中身をガッツリやっているわけじゃないので。
といっても、ピアノ科の割にはそれ以外の講義を受けるのが趣味で(笑)
ピアノなんてみーんな小さい頃からやってるので、
みんな上手だし。
高校からやってる私なんざ、
いくらやってもその時点ではなかなか追いつかないわけで。
それよりもせっかく入った大学。
音楽全般が好きな私。
Jazzだ、シンセだ、民族音楽だ、打楽器だ、映像編集と音楽だ、
日本の音楽史だのだの。。。。
そんな講義に参加する事や活動にアツくなっておりました(笑)
ピアノ科の中では変わっていますが
もうウハウハでした。
講義が面白くて。
単位を一度取り消してもらって、
また一年受けた講義もありました(笑)
(ばかですねー;)

今夜の坂本さんのお話を聞いててますます、
また学生になりたいと思う瞬間が(ToT)
ずーっと講義受けていたいなぁ・・・幸せだよなぁ・・・
いいなぁ〜〜。
なんて、思ってしまいました。
うふふ。
この番組のオンエアになっていない部分も全部見たいな聞きたいな!!
ノーカットでDVDとかだしてくれないかな〜。
30分じゃ足りないぜーぃ。
posted by ごんごん at 01:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。